めまいの種類 | 回転性めまい・浮動性めまい・動揺性めまい等の症状

めまいの種類 | 回転性めまい・浮動性めまい・動揺性めまい等の症状

めまいの種類 | 回転性めまい・浮動性めまい・動揺性めまい等の症状

めまいには「回転性めまい」「浮動性めまい」「動揺性めまい」等の種類があり、原因や症状の現れ方に違いがあります。

今回は、めまいの種類と特徴についてまとめます。

めまいの種類とメカニズム

ヒトは目や耳から入る情報を小脳と脳幹が処理して、姿勢などを修正しています。その過程で内耳から誤った情報を得ると、ふらつきを伴った「めまい」が起こります。ストレスや過労、睡眠不足が原因になる自律神経の失調もめまいの原因になります。

めまいは主に下記の3種類に分類することができます。

  • 回転性めまい…主に内耳の異常が原因になり、安静時でも周りが回っているように感じるめまい
  • 浮動性めまい…中枢神経や小脳の異常等が原因になり、飲酒の後にみられるようなふらつきのあるめまい
  • 動揺性めまい…自律神経の乱れなど様々な原因により、ぐらぐら揺れる感覚が急に起こるめまい
  • めまいには原因不明のものが多く、症状別に適当な病名がつけられることもあり、分類が難しくなっています。他の分類方法もありますが、ここでは上記の3種類のめまいについて説明します。

    回転性めまいの症状と原因、治療

    回転性めまいの症状と原因、治療

    回転性めまいとは、周りの物がすべて回転しているように見えるため、目や耳からの誤った情報により手足へのフィードバックが難しくなり、バランスを保つことが困難になります。回転性めまいの場合は、内耳の中でも姿勢の平衡を保つための前庭、耳石器、三半規管の異常が原因になります。音を感じる蝸牛が接しているため、リンパ液の圧迫を受けると、めまいと同時に難聴や耳鳴りが起こります。

    安静時でも自分と周りの対象物(部屋の中や天井など)が回っているように見えるので、回転を補正しようとする行為に眼振という症状があります。回転性めまいを起こしている者の目を見れば、左右に眼球が動いていることが分かります。

    回転性めまいを起こす疾患として代表的な疾患がメニエール病であり、耳鳴り、難聴、耳の閉塞感を伴い回転性のめまい発作を繰り返すのが特徴ですが、原因の特定が難しいため、治療には対症療法が取られています。

    患者数が最も多い回転性めまいを起こす疾患では、良性発作性頭位めまい症(Benign paroxysmal positional vertigo : BPPV)があり、頭部を動かしたときに起こる短時間(数秒~1分程度)の回転性めまいです。原因と考えられているものでは、前後、左右、上下の回転加速度を検知する三つの半規管(三半規管)内に流れるリンパ液の中に耳石が混ざることで回転性めまいが起こります。

    良性発作性頭位めまい症の場合、特定の方向に頭部を動かしたときに、半規管のいずれか一つが耳石の刺激を受けて回転性めまいを起こすため、症状の出方も限定的です。難聴や耳鳴りはありませんが、吐き気を伴うことがあります。症状が軽い場合は数週間ほどで自然に治りますが、持続する場合は耳石置換法(エプリー法)という理学療法により大半が治癒します。難治性の場合は手術による耳石除去もあり得ます。

    浮動性めまいの症状と原因、治療

    浮動性めまいの症状と原因、治療

    この種類の症状では、雲の上を歩いているようでもあり、船に乗っているようなふわふわとした非回転性のめまいとも言われ、飲酒後のふらつきに似た歩き方になります。平衡感覚を失っている場合は内耳の障害がほとんどなく、四肢麻痺や言語障害、意識障害を伴った浮動性めまいの場合は、脳幹や小脳の脳血管障害が原因として大きいものです。

    また、長期間にわたる透析患者はめまいを起こしやすく、糖尿病性腎症であれば、特に動脈硬化が影響した椎骨脳底動脈の虚血が原因となります。血管の閉塞や出血、または中枢性のめまいでは70%が浮遊性めまいであり、30%が回転性めまいです。

    他に、テレビやPCのモニターなどの視覚刺激が原因になる「視覚誘発性めまい症候群」も浮動性めまいです。

    いずれにしても、小脳や脳幹への血行障害があれば四肢の運動失調が起きます。同時に内耳への血行障害も併発するので、当初はめまい、嘔吐、歩行困難を訴えて耳鼻咽喉科を受診することもありますが、運動失調や構音障害があれば脳血管障害なので、脳神経外科の受診をお勧めします。

    動揺性めまいの症状と原因、治療

    動揺性めまいとは、頭や体全体がぐらぐらと揺れている感じがあり、歩行時にふらつきを起こすようなめまいの事です。浮動性めまいと似ている部分がありますが、薬剤性めまいや中枢性めまいがあり、自律神経が影響する「全身性のめまい」が異なる点です。

    薬剤が原因になる動揺性めまいでは、抗生物質や降圧剤、市販の風邪薬の成分でもある麻薬系の咳止め(コデインやエフェドリンを含む化合物)、抗ヒスタミン剤の服用後にふらつきが起きることがあります。

    肩こりからくるめまいも動揺性めまいに分類されています。筋肉の緊張は深部静脈の血流を改善しそうなものですが、血流を悪くするという考えもあるようです。また、慢性的な回転性めまいの後に動揺性めまいに移行することがあります。

    生活習慣病は動脈硬化や糖尿病、高血圧の原因になり、動脈硬化は血栓を作り、血栓が脳に飛ぶと脳梗塞を起こします。それが細い血管や大脳で詰まった場合は自覚症状がないまま進行していきますが、椎骨脳底動脈の先で梗塞を起こした場合は、小脳や内耳への血流が止まり、梗塞が出来た場所によってはめまい・ふらつき・耳鳴り・吐き気のいずれかの症状が出ます。

    まとめ

    今回は、めまいの種類と特徴についてご紹介しました。

    回転性めまい・浮動性めまい・動揺性めまい等、めまいの症状の現れ方や原因は様々です。中には深刻な病気が隠れている場合もありますので、異常が続く場合には早めの対策をとるようにしましょう。