高音の耳鳴りがする | 「キーン」「ピー」という音が止まらない原因

高音の耳鳴りがする | キーン、ピーという音が止まらない原因

高音の耳鳴りがする | 「キーン」「ピー」という音が止まらない原因

なかなか耳から離れない「キーン」や「ピー」といった高音の耳鳴り。こうした不快な音は、どのような原因で発生するのでしょうか?

今回は、高音の耳鳴りが止まらない原因について解説します。

耳鳴りの音の種類

一口に耳鳴りといっても、音の現れ方は様々です。例えば、「ボー」「ブーン」「ザー」といった低音の耳鳴りや、「キーン」「ピー」といった高音の耳鳴り、外耳に異物が入り込むことによるガサガサ音などがあります。

耳鳴りの原因によって起こりやすい音は異なり、「片耳だけ聞こえる」「同時にめまいや難聴がある」など、症状の現れ方も様々です。医師に相談する際には状態を正確に伝えられるよう、自分の症状をしっかりと確認しておきましょう。

高音の耳鳴りの原因

キーン・ピーという高音の耳鳴りが止まらない原因

高音の耳鳴りがする原因としては、下記のようなものがあげられます。

突発性難聴

蝸牛の障害による突発性難聴によって耳鳴りが起こることがあります。突発性難聴は、名前の通り突然発生する難聴の症状で、片耳に起こることがほとんどです。難聴の症状と前後して、耳鳴りやめまいなどの症状が発生します。

突発性難聴に限らず、耳鳴りは難聴と併発するケースが多くみられます。

メニエール病

メニエール病の症状の一つとして、キーン・ピーといった耳鳴りがすることがあります。めまいや難聴、耳鳴りの症状が現れる点で突発性難聴と似ていますが、一般に突発性難聴は再発しないとされているのに対して、メニエール病は繰り返し起こるのが特徴です。

メニエール病の原因は、内耳を満たすリンパ液が過剰になる「内リンパ水腫」ですが、ストレスも大きく影響していると考えられています。

自律神経失調症

疲労やストレスによって自律神経のバランスが乱れることで、耳鳴りがすることがあります。自律神経失調症によって起こる症状は、頭痛やめまい、倦怠感、便秘、動悸、食欲不振など多種に渡り、耳鳴りはその一つです。

主な原因はストレスとされていることから、心身に負担のかかる環境を避け、規則正しい生活習慣を心がける等の対策が主になります。

老人性難聴

老人性難聴は、加齢に伴う生理的な聴力の低下による難聴です。そのため、特別な病気というわけではなく、進行には大きな個人差があります。

聴力の低下は高音域から低音域へと少しずつ進行していきますので、初期の段階では難聴の自覚がなく、耳鳴りだけを感じることも多いようです。

騒音性難聴

騒音性難聴(職業性難聴)は、大きな騒音のある環境下で長時間働くことによって起こる難聴です。多くの場合、初期段階では難聴の自覚がなく、耳鳴りだけが起こります。

症状は左右の耳に現れることが多く、進行性です。現状では有効な治療手段はないため、大きな騒音化で作業をする際には、耳栓の使用等による予防策が重要になります。

早めの受診を

キーン、ピーというような高音の耳鳴りが長時間にわたって続くと、非常にストレスが溜まります。気にすればするほど音が大きく不快に感じたり、耳鳴りが止まらないといった状態に陥りがちです。

通常は時間の経過とともに徐々に解消していくものではありますが、メニエール病など再発する可能性の高い病気もあります。放置していると後遺症が残ることもあるため、耳鳴りや難聴等の異常を感じる場合には早期に専門医を受診することが大切です。

まとめ

今回は、キーン・ピーといった高音の耳鳴りの原因についてご紹介しました。

耳鳴りがする病気は、ストレスや老人性難聴、メニエール病などの他にも様々なものがあります。原因の特定が難しいケースも多いため、耳鳴りが止まらない場合には自己判断で対応せず、まずは耳鼻咽喉科等を受診するようにしましょう。