耳が詰まった感じがする… | 耳の閉塞感や耳鳴りの治し方

耳が詰まった感じがする… | 耳の閉塞感や耳鳴りの治し方

耳が詰まった感じがする… | 耳の閉塞感や耳鳴りの治し方

「音がこもって聞こえる」「耳が詰まった感じがする」など、耳の違和感の症状には様々なものがあります。中には病気が原因となっているものもありますので、異常を感じる場合には早めに対策をとることが大切です。

今回は、耳の閉塞感や耳鳴りの治し方についてまとめます。

耳の閉塞感の原因

外部の音が脳に伝わるまでには、外耳、鼓膜、中耳、内耳、聴神経の順に音が伝搬していきます。この間に音の伝搬を阻害する中耳の炎症性疾患や外耳の塞栓、鼓膜の異常があると聞こえが悪くなります。

「耳が詰まった感じがする」「耳の閉塞感がある」などと表現される症状では難聴を伴う事もありますが、めまいが起きないのでメニエール病は考えにくく、外耳から内耳に至るまでの物理的な障害を除くことで治るのが一般的です。

耳の閉塞感の主な原因には、下記のようなものがあげられます。

物理的に耳が詰まっている

「何かで耳が詰まった感じがする」と耳鼻科を受診した場合、外耳に耳垢が溜まって耳垢栓塞を起こしていたり、外耳道に虫がいたり、子供の場合は異物が混入していたりすることがあります。

飛行機内や水中などで外耳と中耳の気圧差が影響する例がありますが、これらは物理的な障害であり、耳抜きなどで原因を取り除くと聴覚は正常に戻ります。水圧で外耳と中耳の圧力差が極端に大きい場合は、痛みを伴った一時的な難聴になります。

急性中耳炎

細菌やウィルス感染が原因になる急性中耳炎があり、鼻と耳の間にある耳管を通して中耳に感染が広がります。音を伝える内耳はその奥にあるので、一時的に聞こえが悪くなり発熱や頭痛を伴いますが、感染症が治れば元に戻ります。

滲出性中耳炎

症状が片耳の閉塞感だけの幼児の場合、滲出性中耳炎の可能性があります。痛みがなく耳の聞こえが悪くなる程度ですが、1~3才の乳児では「耳が詰まった感じがする」などと症状の説明が上手くできず、親が検査を怠った結果、中耳炎を悪化させて難聴になることがあります。難聴の子供は言葉を覚えることが難しいだけでなく、会話が困難になり無口になるという悪循環に陥るため、乳幼児の定期的な聴覚検診は重要です。

突発性難聴

ストレスを溜めやすい大人の場合、片方の耳の閉塞感や難聴と耳鳴り・めまいを同時に発症すれば、突発性難聴の可能性が高くなります。

メニエール病

低音域の耳鳴りや耳の閉塞感を感じ、回転性めまいが再発するようであればメニエール病と診断される可能性があります。

耳の閉塞感や耳鳴りの治し方

耳が詰まった感じや耳の閉塞感、耳鳴りの治し方

耳が詰まった感じや閉塞感が続く場合には耳鼻科を受診し、原因に応じた治し方で治療を行います。耳鳴りで耳鼻科を受診すると「慣れるしかない」と言われることが多々ありますが、大音量の耳鳴りは慣れるまでに時間を要します。その間、頭の中で金属音のキーンと響く高音の耳鳴りが続くと、精神的な苦痛やイライラは非常に大きなものです。

一部の病院では「耳鳴り外来」と称して専門外来が設けられており、循環改善剤やビタミンB12、精神安定剤などを処方されます。マスキング療法やTRT療法(耳鳴り再訓練法)などの音響療法は無駄ではありませんが、環境音では効果が明らかではないので保険適応外の扱いです。

その他の治し方として、音響療法に環境音を使用せず、ホワイトノイズや特性の異なるカラーノイズ(ピンクノイズ、ブルーノイズ、ブラウニアンノイズ、パープルノイズ)のいずれか自分に合ったものをヘッドホンで1日1時間ほど聞くと、数時間から24時間の間は耳鳴りの音量が減少、または消失します。耳鳴りが完全に消えるまで毎日続けると数カ月~1年程度で治ることがあります。

まとめ

今回は、耳の閉塞感や耳鳴りの治し方についてご紹介しました。

耳の違和感の原因には様々なものがあり、中には早期治療が必要な病気もあります。異常が続く場合には早めに耳鼻科等を受診するよう心がけましょう。