目が回る・吐き気がするのは病気かも!? ぐるぐるめまいの主な原因

目が回る・吐き気がするのは病気かも!? ぐるぐるめまいの主な原因

目が回る・吐き気がするのは病気かも!? ぐるぐるめまいの主な原因

周囲がぐるぐる回るようなめまいを「回転性めまい」といいます。回転性めまいの原因には様々なものがあり、それぞれ治療法は異なります。

今回は、回転性めまいの主な原因についてまとめます。

ぐるぐるめまいや吐き気を起こす病気とは?

めまいは大きく、「回転性めまい」「浮動性めまい」「動揺性めまい」の3種類に分類できます。静止しているにも関わらず、身体がぐるぐると回転しているような感覚に襲われるものは回転性めまいであり、目が回る・吐き気がする等の症状が現れます。

回転性めまいが起こる原因は様々なものがあり、良性発作性頭位めまい症やメニエール病、前庭神経炎などのほか、稀に脳の病気が原因となるケースもあります。

良性発作性頭位めまい症

良性発作性頭位めまい症が原因の目が回る・吐き気がする症状

めまいを訴える耳鼻科の初診患者に最も多い病気です。寝返りをうったり、急に頭を動かしたりした際に回転性めまいや吐き気が起こります。

良性発作性頭位めまい症の原因は、平衡感覚をつかさどる前庭器官の異常といわれています。前庭器官にある耳石が本来の位置から外れ、三半規管の中に入り込むなどして、頭がぐるぐると回転しているような感覚を引き起こします。

良性発作性めまい症の場合、めまいが起こるのは頭の位置を動かした時です。めまいは一分以内に収まることが大半であり、あまり心配することのない症状とされています。

メニエール病

回転性めまいを繰り返し起こす病気として広く知られているのがメニエール病です。内耳にリンパ液が過剰に溜まる「内リンパ水腫」が原因となり、ぐるぐると目が回るようなめまいや吐き気、耳鳴り、難聴を伴うことがあります。

初期症状は突発性難聴と共通する部分が多いですが、一般に突発性難聴は再発しないとされているのに対して、メニエール病では回転性めまい等の症状が繰り返し起こるのが特徴です。

症状は数十分から数時間程度で治まることが多いですが、再発を繰り返すうちに耳鳴りや難聴の症状が定着してしまうことがあるため、早めに治療に取り組むことが重要になります。

前庭神経炎

前庭器官の障害により、激しい回転性めまいや吐き気が起こる病気です。一般に、めまいと吐き気の持続時間が数日~一週間程度と長く、日常生活に大きな影響が出ます。メニエール病と違い、耳鳴りや難聴は起こりません。

原因は未だ明確にされていませんが、ウイルス感染が影響していると考えられています。めまいやふらつきが長く残り、リハビリが必要になるケースもあるため、症状に気が付いたら早期に専門医を受診することが大切です。

脳の病気

脳の病気が原因の目が回る・吐き気がする症状

脳の病気が原因となり、目が回る症状が現れることがあります。脳梗塞や脳出血の前兆症状としては、回転性めまいやふらつき、吐き気、嘔吐、運動失調等の症状などがあげられます。片麻痺や意識障害、呼吸障害が起こることもあります。

命に関わる深刻な病気ですので、異常を感じた場合には出来るだけ早く病院で治療を受ける必要があります。

まとめ

今回は、ぐるぐると目が回る「回転性めまい」の原因についてご紹介しました。

回転性めまいを起こす病気には様々なものがあり、放置していると深刻な障害を残すケースもあります。めまいに関する正確な原因の判別は難しい部分がありますので、異常を感じた場合には早期に医療機関を受診するようにしましょう。