回転性めまいによる吐き気の原因 | メニエール病の症状と治し方

回転性めまいによる吐き気の原因 | メニエール病の症状と治し方

回転性めまいによる吐き気の原因 | メニエール病の症状と治し方

自分や周囲がグルグルと回って感じる「回転性めまい」。症状が激しい場合には、吐き気や嘔吐を伴い、繰り返すようになると仕事や生活に支障をきたすこともあります。

今回は、回転性めまいによるの原因となる「メニエール病」の症状と治し方についてまとめます。

回転性めまいを起こす代表的な疾患

回転性めまいを起こす代表的な疾患としては、下記のようなものがあげられます。

メニエール病

「メニエール病」では、回転性めまいや吐き気、耳鳴り、難聴などを伴う症状が特徴的です。内耳にリンパ液が増えて圧迫を受ける内リンパ水腫が直接の原因であり、抗生物質の副作用やストレス、睡眠不足、過労などは間接的な原因になります。

また、メニエール病にかかる男女の性差はほとんどなく、神経質な性格に起こりやすい症状であること等が知られています。

良性発作性頭位めまい症

三半規管に耳石が入り込むことが原因で起こる「良性発作性頭位めまい症」は、頭の位置を変えるだけで急激な回転性めまいが起こり、吐き気を伴うことがあります。耳鳴りや難聴などの中耳や内耳の症状は伴いません。

前庭神経炎

「前庭神経炎」は内耳の前庭神経にウイルス感染を起こして炎症を起こすことが原因として考えられています。強烈な回転性めまいの原因になり、強い吐き気を催します。メニエール病と原因が異なる疾患ですが、強い回転性めまいと吐き気はメニエール病の吐き気と共通しているので、吐き気を起こすメカニズムとしては同じです。

なぜ回転性めまいで吐き気が起こるのか

回転性めまいによる吐き気の原因

回転性めまいを起こすと、目が水平方向に動く眼振が起きます。この眼振という現象は、回転性めまいに対処しようとしている状態です。三半規管に異常があると回転性めまいが起こりますが、体が回転していないにも関わらず眼振を起こして静止状態を保とうとすると、回転性めまいに対する過度な反応が原因になり、三半規管から嘔吐中枢に直接作用して吐き気が起こります。

内耳にある「前庭」は水平方向の加速度を検知していますが、加速と減速を繰り返すような車内で起こりやすく、過度な刺激や長時間の刺激が原因になり、前庭自律神経反射によって嘔吐・吐き気が起こります。

三半規管や前庭は耳と目からの情報を得ると、脳幹・小脳で処理されて姿勢制御を行います。しかし、目と耳からの情報が矛盾しているため、眼振が起きたり嘔吐中枢に直接作用したり自律神経に作用した結果、吐き気などの症状が出るわけです。

吐き気を感じて嘔吐する者、しない者

吐き気を感じて、我慢できずに嘔吐してしまう程度に個人差があるのは、外部からの刺激やストレスを受けた時に鈍感でいられるか、過度な反応を見せるかという違いです。この場合、回転性めまいに対して次第に鈍感になっていくと、吐き気が起きないだけでなくめまいの症状も収まっていくことがあります。

回転運動や上下運動、減速・加速を繰り返す乗り物では吐き気を感じやすく、慣れていない動きと環境では、ストレスも加わって自律神経に与える影響が大きくなります。観光バスの車内や飛行機の機内では、嘔吐用の袋(エチケット袋)が全席に準備されています。この嘔吐袋を見ただけで吐き気を感じる者がいれば、袋をコレクションする余裕がある者もいるという違いは慣れも関係します。

回転性めまいによる吐き気の原因と治し方

ストレスを感じるとストレスホルモンによって身体症状を引き起こしやすくなります。さらに、ストレスを感じた場合はその状況が記憶に残りやすいため、吐き気を感じた時の対処法や治し方ばかり考えていると、予期不安が重なって条件反射的に嘔吐するようになります。

刺激に対して鈍感になるためには、トラベルミン等の乗り物酔いの薬を事前に服用します。トラベルミンの効能は動揺症(乗り物酔い)・嘔吐・めまいなどの予防および緩和ですが、これは抗ヒスタミン剤の副作用として起こる「眠気」を利用するものです。

メニエール病の治し方

メニエール病の症状に気付いた時は、早期に治療を始めることで治癒までの時間は短縮できます。まずは、発病の誘因になるストレス・睡眠不足・過労を改善する必要があります。

また、薬物療法は効果的で、症状を抑えて治療につなげるために内耳の循環改善剤、利尿剤、めまいの薬が一般に使われます。

以前はほとんどのメニエール病が難治性であり、特定疾患として公費負担扱いでした。しかし、現在では治る可能性は高まっており、対症療法が行われるのが一般的です。難治性のメニエール病も残っていますが、併発する難聴の症状が固定することがあるため、難聴扱いで公費負担が行われています。

まとめ

今回は、回転性めまいによる吐き気の原因と、メニエール病の治し方についてご紹介しました。

メニエール病の治療には早期発見が重要になりますので、めまいや吐き気等の症状を繰り返す場合には、早めに専門医に相談するようにしましょう。