「イヤホン難聴」「ヘッドホン難聴」は治る? 耳鳴り等の症状と治療

イヤホン難聴・ヘッドホン難聴は治る? 耳鳴り等の症状と治療

「イヤホン難聴」「ヘッドホン難聴」は治る? 耳鳴り等の症状と治療

大音量にさらされることが原因で聴力の低下を招く「イヤホン難聴」や「ヘッドホン難聴」。携帯音楽プレーヤーやスマホの普及もあり、多くの人がその危険性にさらされています。

難聴や耳鳴りは一時的な症状に過ぎないと軽くみてしまいがちですが、放置すると慢性化することもあるため注意が必要です。

今回は、イヤホン難聴・ヘッドホン難聴の症状と治療についてまとめます。

「イヤホン難聴」「ヘッドホン難聴」とは

イヤホン難聴・ヘッドホン難聴は、イヤホン等の使用によって起こる「音響性難聴」です。

音響性難聴とは名前の通り、強大な音にさらされることによって起こる音響性外傷による難聴です。大きな音を聞くことで、音を外耳から脳に伝える聴覚器官が損傷を受けてしまうことが原因で起こります。

分かりやすい例としては、ライブで大音響のスピーカーの近くに長時間佇んでいた後に、「耳が痛い」「音が聞こえにくい」等の症状が現れることがあげられます。

症状が軽度であれば、内耳の細胞に影響がない場合に限り、早めに治療を行うことで元の聴覚に治ることがあります。軽い難聴は聴力検査をしない限り程度が分からず、症状の悪化にも気付きにくいという特徴があるため注意が必要です。

長時間にわたって大音響にさらされて内耳がダメージを受けると、耳鳴りなどの症状を伴い、治ることの期待できない難聴になってしまうことがあります。

自覚しにくいイヤホン難聴・ヘッドホン難聴

自覚しにくいイヤホン難聴とヘッドホン難聴の症状

イヤホンやヘッドホンを使っている場合、周りを気にしないでついライブ並みの大音量を出してしまいがちです。しかし、大音量で長時間にわたって使い続けていると、徐々に内耳の蝸牛が傷ついていき、聴覚が低下して難治性の難聴になる危険性があります。

特に、ヘッドホン難聴やイヤホン難聴の場合は徐々に進行することが多く、自分の聴力悪化をなかなか自覚できないものです。特に、耳鳴りを伴うと自分の聴力が分からなくなり、対処しようと考えることもありません。周りの者に言われて気付く程度ですが、耳鳴りが収まったら聴覚は正常に戻り勝手に治ると思い込んでいる人が大半です。

耳鼻科で検査を受けると、すでに内耳の蝸牛が回復しないほどに症状の悪化しており、治療を受けても治ることがないというケースもあるため注意が必要です。

イヤホン着用の長時間化と難聴

イヤホンを手放せない若者に多いのがBluetoothのワイヤレスイヤホンのつけっぱなし。最近のイヤホンは軽くて音量も大きく、バッテリーの性能の向上により長時間装着することも可能です。ヘッドホンのような存在感がないので、結果的に着用時間が伸びていきます。

大音量でのイヤホンの長時間使用が続くと、外耳の炎症が起きやすくなったり、その奥にある内耳の機能が低下することでイヤホン難聴が進行していきます。

ヘッドホン難聴・イヤホン難聴の治療

イヤホン難聴・ヘッドホン難聴は治療で治る?

軽度のイヤホン難聴やヘッドホン難聴は、早期に治療を行うことで治すことが可能です。イヤホン等の長時間使用を控えることはもちろんのこと、一時的な音響外傷にはステロイドの投与によって炎症部分の治療を行う場合があります。

症状を長期間にわたって放置するなど、騒音性難聴が内耳の障害を伴って進行すると治療効果が望めず、聴力が元に戻ることはありません。

まとめ

今回は、イヤホン難聴やヘッドホン難聴の症状と原因、治療についてご紹介しました。

大音量を長時間聞き続けていると、難聴や耳鳴り等が治らなくなってしまうことがあります。普段からイヤホン等の音量や使用時間に注意するとともに、異常を感じた場合には早期に医師に相談するようにしましょう。