めまいや吐き気は病院の何科を受診? 「めまい外来」がある病院も

めまいや吐き気は病院の何科を受診? 「めまい外来」がある病院も

めまいや吐き気は病院の何科を受診? 「めまい外来」がある病院も

良性発作性頭位めまい症やメニエール病など、めまいや吐き気の症状が現れる病気には様々なものがあります。これらの症状が現れた場合には、病院の何科を受診すれば良いでしょうか。

今回は、めまいや吐き気が現れた場合の受診科についてまとめます。

めまいや吐き気は何科を受診?

めまいと吐き気が主症状の場合は、まずは耳鼻咽喉科を受診するのが一般的です。大学病院や総合病院では「めまい外来」や「めまい・平衡外来」などと称した診療科を併設している場合があり、専門医の診察を受けらることができます。

耳鼻咽喉科では、問診によって数多い疾患のスクリーニング(絞り込み)が可能です。めまいの原因で特に多い病気は「良性発作性頭位めまい症」であり、通院回数が多い病気が「メニエール病」です。どちらも内耳の病気なので、めまいと吐き気を繰り返します。メニエール病と違い、良性発作性頭位めまい症は耳鳴りや難聴を伴いません。

耳鼻科以外での治療となる場合

めまいや吐き気の耳鼻科以外での治療は何科? width=

結果的に脳幹や小脳が原因の中枢性めまいの場合でも、初診は耳鼻咽喉科になります。耳鼻咽喉科にめまい外来があればそちらを受診します。耳鼻科の検査で中耳や外耳に異常がなく、メニエール病などの耳鼻咽喉科で治療できる病気が否定された場合には、中枢性めまいを考えるのが一般的です。

中枢性めまいの場合には、脳梗塞や脳腫瘍、脳出血など、脳圧が上がるような病気の可能性も出てきます。脳腫瘍や脳出血であれば脳神経外科や脳外科、脳梗塞なら神経内科・脳神経外科等への転院になります。

めまい、めまいや吐き気の他に特徴的な症状がある場合など、病院の何科を受診すべきか迷った時は、総合病院の受付で症状を伝えて相談しましょう。然るべき診療科を案内してもらえます。

早めの受診が大切

めまいや吐き気を起こす病気は頭部と頸部が原因になる事が多く、めまいと吐き気に加えて、耳鳴り、難聴があれば突発性難聴などがあるため、治療が遅れると後遺症が残るような緊急性の高い病気も考えられます。救急で耳鼻科を受診しようとしても受け入れ可能な救急病院が少ないのが現状ですが、可能な限り早めに病院を受診しておくようにしましょう。

特に、頭部打撲が原因のめまいや吐き気があれば、脳出血の可能性があるので検査と治療を急ぐ必要があります。救急車を呼ぶべきか自分で判断がつかない場合には 119番の前に「#7119番」、または各自治体の救急相談センター(小児は全国的に「#8000番」)に症状の説明後、緊急性の判断をしてもらうという手段があります。

病院が休みの日に限って…

病院が休みの日に限ってめまいや吐き気が…

病院が年末年始や盆休みに入ると、特に体の不調を訴える人が増えるものです。高音の耳鳴りや激しいめまい・嘔吐が突然始まると、メニエール病や突発性難聴の不安が増すばかりで、ドクターヘリでも呼びたいような精神状態に陥ります。とりあえず、家庭の救急箱にセレスタミンなどのステロイドや軽い安定剤があれば服用して、当分の間は我慢を強いられることになります。

さらに、正月が終わって病院が営業を開始しても、耳鼻咽喉科医だけは正月休みが長かったりするものです。めまい止めや吐き気止めの薬は一般内科でも投薬処置ができますので、そちらを先に受診してみるのも良いでしょう。

めまいを止める薬としてはセファドール、めまい・吐き気止めの薬としてはトラベルミンなどが有名です。トラベルミンは乗り物酔いの薬として、ドラッグストアや通販のサイトで第2類医薬品として販売されています。病院で処方されるトラベルミンの効能は、メニエール病によるめまい、吐き気が適応症の処方薬で、吐き気があれば病名に関係なく処方されます。

まとめ

今回は、めまい・吐き気がある場合には何科を受診すべきかについてご紹介しました。

めまいや吐き気の原因は様々なものがあり、早期治療が重要になる深刻な病気の場合もあります。たかがめまいと考えず、症状がひどい場合には早めに病院を受診することが大切です。